うつ

うつについて

 「うつ」という言葉は、「抑うつ気分」「抑うつ状態」「うつ病」のような使い方をされますが、一般に混乱して理解されていることが多いようです。

抑うつ気分

 憂うつ気分、低下した気分のことです。
 誰しも、気持ちが落ち込むときもあれば、爽快な気分のときもありますが、気分は、常に変動しつつも一定の範囲内におさまっているのが通常です。「抑うつ気分」のみならば誰にでも起こりえるものです。

抑うつ状態

 「抑うつ気分」だけではなく、不眠・食欲不振・意欲低下・注意力や集中力の低下、そして自殺念慮など、一連の症状をいくつか伴っている「状態」を指しています。
 「抑うつ状態」は「うつ病」と同じではありません。「抑うつ状態」は、「うつ病」に限らずその他の精神症状や身体疾患など様々な原因によって生じるものです。

うつ病

 「うつ病」の国際的診断基準があります。また、標準的な治療方針というものも存在し、適切な治療が行えるのは、精神科においてのみです。

精神科受診のタイミング

 上記に記載した「抑うつ状態」が2週間程度続き、社会生活に不都合が起きていると自覚した時点で、早急に精神科専門医を受診すべきです。
 精神科では、心理テストで「抑うつ状態」の程度を評価できます。また、「抑うつ状態」の原因を検討し具体的な対策をすることができます。
 専門ではない科で治療を受け、「抑うつ状態」が長引き難治化してしまっている方が多くいます。この現実は大変残念なことです。

   

五月病

五月病について

 「五月病」とは、よく知られている言葉ですが、正式な医学用語ではありません。
 しかし、「五月病」という言葉によって、日本の社会ではある程度共通に認識できる「具合の悪い状態」を表現しているのも事実です。日本独自の考え方かもしれません。
 一般に「五月病」で表現している「具合の悪い状態」を整理してみると

1.新年度(4月)になり、環境の変化があること。
2.環境変化に伴い、心身の負担感・疲労感が生じていること。
3.環境変化からある程度の時間経過(およそ1ヶ月程度以上)があり、「やる気が出ない」「元気がない」という陰性の気分が生じていること。
となるでしょう。
 「重い五月病」の場合は、環境変化に対する「適応障害」による「抑うつ状態」として、精神科での治療が必要となります。

精神科受診のタイミング

・今後も新しい環境に慣れるとは思えない
 ・相談相手がいない
 ・気分転換ができない
 ・食欲が無い
 ・睡眠がとれない

以上の状況ならば、さらに状態が悪化する可能性があるため、精神科を受診することをおすすめします。 また、具合が悪いが抑うつ状態かどうかわからない、という方も受診したほうが良いと考えます。 「抑うつ状態」が持続すると、社会的な活動能力の低下をまねきます。病状を重くしないためにも、早めの受診をおすすめします。


   

不眠症

不眠症とは

 「不眠症」とは、「睡眠が減少した状態」をあらわした症状名です。「不眠症」には原因により様々なタイプが有ります。不眠が単独で存在することは少なく、別の病気に合併する症状として現れることが大変よくあります。

不眠症∈睡眠障害

 「不眠症」と「睡眠障害」は同じではありません。
 「睡眠障害」という言葉は、生命の維持から社会生活まであらゆる活動に支障を来す睡眠の障害の総称として使われます。
 「睡眠障害」には不眠症を含め様々な症状が有ります。
1. 不眠症
2. 睡眠関連呼吸障害
3. 中枢性過眠症
4. 概日リズム睡眠障害
5. 睡眠時随伴症
 などです。

不眠症の問題点

 「不眠症」が問題となる理由は、日常生活や社会生活に支障が出るためです。
 日中の眠気やだるさ、集中力の低下は、生活の質を落とすだけではなく、業務上のミスや事故につながることがあります。居眠り運転による交通事故は、社会問題にまでなってしまいます。
 また、高血圧・心筋梗塞・脳梗塞など身体疾患を誘発する可能性を高くします。
 「不眠症」は自覚しやすい症状のため、内科で睡眠薬の処方を受けている方が多いようです。しかし、実は根本にうつ病など精神疾患が隠れていることがあります。不眠が長引き治らない場合は、精神科での治療をおすすめします。

   

不眠の治療

不眠症の治療

 「不眠症」には様々なタイプが有ります。
1. 適応障害性不眠症(急性不眠症)
2. 精神生理性不眠症
3. 逆説性不眠症
4. 特発性不眠症
5. 精神疾患による不眠症
6. 不適切な睡眠衛生
7. 小児期の行動性不眠症
8. 薬物または物質による不眠症
9. 身体疾患による不眠症
 など。
 また、「不眠症」は従来から次のようなとらえ方もあります。

1. 入眠障害(就眠障害)
2. 熟眠障害(浅眠・途中覚醒)
3. 早朝覚醒
4. 睡眠時間短縮。
 「不眠症の治療」イコール「睡眠薬」ではありません。なぜ不眠の症状が起きているのか?根底にある病状は何か?様々な観点から不眠の検討をし、原因に対して治療にあたります。

不眠のチェック:アテネ不眠尺度(AIS)

 アテネ不眠尺度とは、世界保健機関(WHO)が中心になって設立した「睡眠と健康に関する世界プロジェクト」が作成した世界共通の不眠症判定法です。客観的に不眠の程度を測定できます。

精神科受診のタイミング

 2週間継続して睡眠に問題を感じたら、受診をすべきだと考えます。突発休を繰り返し年休・有給休暇を消化してからあわてて受診することのないようにしてください。

治療の目標

 「睡眠日誌」を差し上げています。記録に残すことが治療と回復に大変有用です。いびき・ねぼけなど自身では気づかない問題は、家族からの情報が大変有用になります。
 治療目標は、「睡眠の質」そして「生活の質」を改善することです。

   

認知症について

「認知症」は病気の名前ではない

「認知症」とは、「状態」を表す言葉です。病気やけがによって脳の神経細胞がダメージを受け、記憶力や判断力などの「認知機能」が低下して、日常生活や社会生活に支障をきたす「状態」を指します。

 認知症を起こす代表的な「病名」は次の通りです。
1. アルツハイマー病
2. レビー小体型認知症
3. 血管性認知症
4. 前頭側頭型認知症

「認知症=高齢者」ではない

若者でも、脳の神経細胞がダメージを受け、認知症になり得ます。ただ、認知症患者に高齢者が多いのは、脳も身体のほかの部分と同じように年齢とともにダメージを受けることが多くなるからです。
 生活習慣病が大きな原因であるため、日頃から適度な運動をしている高齢者は認知症になりにくいようです。

認知症は治らない

残念ながら、ダメージを受けた脳を治すことはできません。ただ、ダメージをこれ以上広げないようにすれば、認知症の進行を遅らせることはできます。

精神科での治療の必要がある

認知症のための薬は複数ありますが、それぞれ作用が違います。認知機能や心理状態に応じて、薬を使い分ける必要があります。
 精神科は、脳と心を治療する診療科です。患者の状態に応じて適切な薬を適切量処方することが可能です。そのため、精神科での治療が重要になります。

精神科受診のタイミング

「もしかしたら?」と思ったときが受診すべきときです。
 物忘れが多くなったのは、年齢的なものなのか認知症なのかは、専門医なら判断できます。また、若くても認知症になる可能性は有るので、40代・50代でも思い当たる節が有るときは早めの受診を勧めます。
 「現在は認知症ではない」が「近いうちに認知症になる可能性が有る」という場合も多々あります。自分のため、また家族のためにも、不安が有る場合には早めに受診すると良いでしょう。

   

認知症に伴う行動・心理症状

認知症に伴う行動・心理症状

ただいま準備中です。

   

ニコチン依存症について

タバコがやめられないのは病気だから

タバコに含まれるニコチンは麻薬のように強い依存性を持っています。タバコがやめられないのはニコチン依存症という、治療が必要な病気だからです。喫煙者の7割が深刻なニコチン依存症と言われています。
 世界保健機構WHOでは、喫煙を「タバコ使用(喫煙)による精神及び行動の障害」として疾病分類しています。つまり、国際的にも「喫煙は精神・行動面の問題」とされています。

喫煙でイライラは解消しない

ストレスが多く、いつもイライラする、だからタバコは欠かせない、と考える方も多いでしょう。しかし、実は、イライラの正体は、タバコを吸っているために生じているニコチン切れ症状である可能性が高いのです。ストレスが原因でイライラするならば、一番リラックスしているはずの寝起きの時間にタバコを吸いたくなるはずがありません。

減煙の落とし穴

目覚めのタバコがおいしく感じられるのは、睡眠によるニコチン切れの状態が解消されて、大きな満足感を得られるためです。減煙し喫煙間隔が長くなると、イライラや落ち着かないなどのニコチン切れ症状はより強まります。そして、次の1本で禁断症状が解消され非常においしく感じられるようになります。減煙で本数を減らすつもりが、逆にタバコから離れられなくなってしまいます。
 そのため、「減煙」よりも「禁煙」を目標にしましょう。

   

評価項目

ブリンクマン指数

Brinkman index(BI)とは過去の喫煙量の算定法の1つです。次の計算で導きます。
 BI:「1日のタバコの本数」×「吸った年数」
 例えば、「20本のタバコを30年間吸えば,20×30で600」となります。BIを利用して、喫煙者を次のように区別する方法があります。

グループ1 nonsmokers:0
グループ2 light smokers:1~200
グループ3 moderate smokers:201~600
グループ4 heavy smokers:600~

喉頭がんの患者は、「ブリンクマン指数が600以上」の人が多いと言われています。

呼気CO濃度測定

喫煙の客観的指標となるものに「呼気一酸化炭素濃度測定」があります。呼気中の濃度で喫煙の重篤度を判断します。

呼気一酸化炭素濃度ppm 喫煙レベル(喫煙本数換算)
0~7 ノンスモーカー(0本)
8~14 ライトスモーカー(14本以下)
15~24 ミドルスモーカー(15~24本)
25~34 ヘビースモーカー(25~34本)
35以上 超ヘビースモーカー(35本以上)

本院では診察時に一酸化炭素濃度を計測します。禁煙治療を始めると、すぐに数値が下がっていきます。

ニコチン依存度テストTDS

TDS(Tobacco Dependence Screener)は、薬物依存としての診断に用いられます。
 次のサイトにTDSがあります。

◆厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト「TDSニコチン依存度テスト」

http://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/tobacco/yt-048.html

※本院では禁煙に関連したパンフレットを差し上げています。

   

喫煙に関する動き

労働安全衛生法の改正

平成26年6月に改正された労働安全衛生法に「受動喫煙防止対策の推進」が盛り込まれました。快適な職場環境をつくるためにも、産業保健スタッフにとって受動喫煙防止対策や禁煙対策は大きな課題となっています。

東京オリンピック2020年

2020年は、国が閣議決定している「受動喫煙のない職場の実現」の年であり、「東京オリンピック」開催の年でもあります。国際オリンピック委員会IOCは、オリンピックにおける禁煙方針を明確に示しています。これは、「2020年までに事業場・公共の場・路上での完全禁煙を達成する」と理解できます。

喫煙による経済損失

国立がんセンターによると、「タバコの収益と損失」について計算したところ、「喫煙者が1本タバコを吸うと約10円分、社会に負担をかけている」そうです。
 また、アメリカでは、企業が1人の喫煙者を雇うことによって、労働時間の損失・健康障害・設備メンテナンス費用などで年間55万円もの余分なコストを支出している、というデータがあります。そのため、ほとんどの先進国では、従業員に対する禁煙プログラムの実施や非喫煙者の採用、といった対策を行っています。

安全配慮義務

労働安全衛生法の改正に伴い、労働者の受動喫煙防止のために適切な措置を講じることが「事業者の努力義務」となりました。
 個々の労働者から「受動喫煙による健康被害が生じている」旨の具体的な申出があった場合に、さらなる配慮の必要性の有無の検討せずに放置した場合、「事業者の安全配慮義務違反」と認定されるリスクがあるかもしれません。
 本院は、働く世代のメンタルヘルス対策を支援しています。禁煙・受動喫煙対策を行う事業場や労働者に対して、禁煙治療で協力させていただきます。

   

禁煙外来

禁煙外来

本院では保険診療で禁煙外来を行っています。一定の要件を満たせば保険が適用になります。要件を満たさない場合でも自由診療で禁煙治療を受けられます。

精神科で行う禁煙のメリット

喫煙者が「禁煙する」際には、様々な症状を伴うという報告があります。具体的には、抑うつ気分・不安・焦燥・不眠・気分変動・自殺念慮などです。禁煙補助薬との因果関係は明らかではなく、もともと抱えている精神症状の悪化の可能性もあります。
 精神科での禁煙治療は、そのような症状に対応可能という大きなメリットがあります。

禁煙するなら、いま

過去に禁煙に失敗したことがあってもあきらめる必要はありません。何回かの失敗ののちに成功する人もいます。失敗の原因を考えて、今度こそ禁煙を成功させてみませんか。禁煙しようと思った時、それが最適なタイミングです。本院も禁煙の協力をさせていただきます。